日帰り手術の麻酔について

日帰り手術の麻酔について

当院の麻酔法(静脈麻酔+局所麻酔)

日帰り手術の麻酔_イメージ

当クリニックでの手術で行う麻酔は、静脈麻酔と局所麻酔を組み合わせた麻酔です。
肛門の手術はベッドにうつ伏せになった姿勢で行うので、まず手術室のベッドにうつ伏せになり、点滴から眠くなる作用のある麻酔薬を入れます。(静脈麻酔)
そのあとに患部へ鎮痛作用のある麻酔薬(局所麻酔)を注射しますが、眠っているので注射の痛みは感じません。
局所麻酔は手術後も数時間効果が続くので、帰宅するまでは痛みをそれほど感じることなく帰宅することができます。
局所麻酔で使用する薬は、歯医者さんが抜歯などで歯茎に注射する局所麻酔と同じ薬です。
歯医者さんでの治療後すぐに口を動かして喋ることができるのと同様、手術後はすぐに歩くことができます。

局所麻酔だけだと、局所麻酔を打つ時の注射の痛みはありますし、手術中に患部を引っ張られたりするのもわかります。意識があると手術中の緊張感や恐怖感を全く無くすことはできません。
緊張していると、血圧は上がり、脈は速くなり、全身の筋肉に力が入ってしまうので体への負担は大きくなります。
そこで、静脈麻酔(点滴から眠くなる作用のある薬を入れる麻酔も追加して、眠っている状態のうちに手術を行っています。この方が気持ち的にも楽に手術を受けることができ、局所麻酔のみ手術よりも体への負担は少ないと考えています。
静脈麻酔は、意識消失を伴うので全身麻酔の範疇に入ります。そのため「体への負担が大きいのではないか」「目が覚めなくなるのではないか」と不安になる方もいらっしゃいますが、静脈麻酔による眠りは手術終盤に覚めるよう調整して行っています。また比較的副作用も少ない麻酔薬ですので、そのような心配はありません。

入院手術との麻酔法の違い

日帰り手術でも入院手術でも、手術の内容は大きく変わりません。一番異なるのが麻酔です。

入院手術の場合は、脊椎麻酔・硬膜外麻酔(背中に針を刺して行う下半身麻酔)や、気管内挿管(気道にチューブを入れる)を伴う全身麻酔で行うことが多く、麻酔による体への負担は大きくなります。
特に、脊椎麻酔の場合は手術後に頭痛や吐き気がする副作用の可能性もあり、経験した方は「手術の痛みより麻酔の副作用の方がつらかった」という方もいらっしゃいます。

また、手術後にいれる尿道カテーテルに抵抗がある方も少なくありません。
当院の麻酔法は心配される副作用も少なく、手術後はご自身でトイレにも行けますので、尿道カテーテルを入れることもありません。

日帰り手術の予約状況

新宿外科クリニック
大宮セントラルクリニック

診療日カレンダー

新宿外科クリニック
大宮セントラルクリニック

ご予約・お問い合わせ・ご相談

診察・手術は予約制です。
お電話またはメールでご予約をお願いします。

イメージ写真