痔瘻とは・痔瘻の手術

痔瘻(じろう)とは

痔瘻は、肛門の筋内~皮下に膿の道がトンネル状にできて、肛門の内外に出口をつくる病気です。
その出口を穴に見立てることで、古くから「あな痔」と呼ばれることもあります。

肛門管の壁には肛門陰窩と呼ばれるくぼみがあり、下痢便などがそのくぼみに入って便に含まれる細菌によって化膿します。化膿した部分は膿が増えるとともに袋状に大きくなります。
これを『肛門周囲膿瘍』と言い、痔瘻の初期段階になります。
肛門周囲膿瘍の袋はだんだん皮膚側に向かって大きくなり、皮膚の外に自然に出口をつくってしまいます。
このトンネル(瘻管)ができた完成形の病気が痔瘻です。

痔瘻は、下痢を引き起越す原因である、飲酒の機会やストレスの多い男性に多くみられる病気です。
また、痔瘻や肛門周囲膿瘍があるために常に下着が汚れるなど日常生活に支障が出ることもあります。

肛門周囲膿瘍(こうもんしゅういのうよう)

便の細菌によって化膿し、膿瘍になったものです。
膿瘍は痛みと熱を持った腫れ物となり、触るだけでも大変痛い状態です。
腫れ物はつぶれると膿が出ます。そのほか、38度を超える高熱が出ることもあります。
痛みは一時的に軽減することもありますが、強い痛みをもった肛門周囲膿瘍には外科での切開排膿処置が必要です。この処置は局所麻酔のみで可能で、外来で行うことができます。
切開排膿することで良くなるものもありますが、肛門周囲膿瘍の多くは痔瘻化しますので、その後痔瘻の治療が必要になります。

肛門周囲膿瘍_図

痔瘻(じろう)

便の細菌によって化膿し、肛門管内~筋肉内・皮下の部分にトンネル状の穴ができます。進行すると皮膚に穴の出口ができます。
ひどく痛むことは少ない病気ですが、膿によって下着が汚れることがあります。
痔瘻はめったに自然治癒しないので、手術による治療が必要になります。

痔瘻を悪化させる要因

  • 飲みすぎや食べ過ぎ、ストレスによる慢性的な下痢
  • 初期症状の放置
  • 潰瘍性大腸炎・クローン病などの炎症性腸疾患

痔瘻の治療は

(1)手術療法

痔瘻はめったに自然治癒することはないので、治療方法は手術になります。
痔瘻のトンネルの元となっている部分を原発巣(げんぱつそう)と言います。原発巣を取り除くことが痔瘻手術の目的となります。

原発巣が皮下から浅い位置にあれば瘻管を切開して原発巣を開放させます。(切開開放手術)
原発巣が皮下から深い位置にあれば、シートン法で自然開放させます。

また、非常にまれですが長年放置した痔瘻が癌化し、痔瘻癌になることもあります。そのため、当院では早めの治療をおすすめしています。
複雑なものであると入院手術の適応となりますが、昨今では日帰り手術でも多くの痔瘻が治療できています。

当クリニックで行っている痔瘻の日帰り手術

(1)切開開放手術(LayOpen手術)

比較的肛門筋内の浅い位置にある痔瘻に対して行われます。
メスで瘻管を切開し、原発巣を開放させます。開かれた部分は創の治りとともに少しずつ盛り上がっていきます。
切開開放手術は再発が少なく、浅いタイプの痔瘻に対しては非常に有効な術式とされています。

切開開放手術_図
メリット
根治性が高い。
デメリット
深いタイプの痔瘻は肛門が変形するリスクがあるため、手術対象が限られる。

(2)シートン法

シートン法は、人間の体が異物を外に出そうとする働きを利用して、切開を伴わずに原発巣と瘻管を開放するという術式です。
手術は、トンネル部分にシートンという痔瘻治療用の特殊なゴムを管に通し、ドレナージ創を作って終了となります。

術後はしばらく肛門にゴム輪が結ばれている状態になりますが、ゴム輪は時間をかけてトンネルごと上の方(皮下)へと少しずつ移動していきます。
途中ゴムが緩んでくることがあるので、締め直しなどを行いながら経過をみていきます。3~4週間ほどでゴムはぽろっと脱落します。
切開開放手術では難しいとされる、深い痔瘻や複雑な痔瘻にも可能な術式です。
時間をかけてゆっくりと開放させる手術の効果と、ドレナージ創が治る効果が同時進行する手術で、肛門の働きへの影響が少なく、根治性が高いのが特徴です。

シートン法_図
メリット
切開開放手術と比べて肛門の変形リスクや肛門の働きへの悪影響が少ない。
デメリット
ゴムがとれるまで時間がかかる。ゴムの締め直しが必要になることがある。

日帰り手術の予約状況

新宿外科クリニック
大宮セントラルクリニック

診療日カレンダー

新宿外科クリニック
大宮セントラルクリニック

ご予約・お問い合わせ・ご相談

診察・手術は予約制です。
お電話またはメールでご予約をお願いします。

イメージ写真